お腹の中で生息している免疫細胞に働きかけるLB81乳酸菌

私たちには、外部の脅威に備えるための力が備わっています。その力の1つが、免疫細胞なのですね。
そもそも私達は、常に風邪をひく脅威にさらされています。外部からのウイルスなどに伴って、風邪をひいてしまう確率はゼロではないのですが、私たちの身体の中で生息している免疫細胞がそれを防止してくれているのですね。ですので免疫細胞は、私たちにとってはとても大切が役割を果たしてくれているのですが。

ところで人によっては、その免疫細胞の力がちょっと弱くなってしまっている事があります。たまに季節の変わり目が苦手という方を見かけますが、それはたいてい免疫細胞が原因なのですね。その力が弱くなっているは、季節の変わり目において風邪をひきやすくなってしまいます。そのような方々は、もちろん免疫細胞の力を強化してあげる必要があるでしょう。

免疫細胞に対して働きかけるLB81乳酸菌

では具体的にどのような方法で力を強化できるかと申しますと、LB81乳酸菌という選択肢があります。その乳酸菌は、非常にメジャーですね。街のコンビニで大抵ヨーグルトが販売されていますが、その中には明治社の製品もあるでしょう。白色と紺色のパッケージに入っているヨーグルトを見かけることは、大変多いですね。そしてあのヨーグルトの内部には、LB81乳酸菌が含まれているのです。

ところでその乳酸菌には、お腹の中の免疫力に対する効果が見込めます。それが効果を発揮するまでの流れなのですが、まずは人間がLB81乳酸菌を摂取します。そして一部の乳酸菌が、小腸や大腸などに到達したとしましょう。

ところで前述の免疫細胞は、小腸や大腸の外側に生息しているのですね。腸の内部ではありません。そしてLB81は、その腸から吸収されるのです。それが腸の外で生息している菌類に対して働きかけて、免疫力が強化されるという仕組みになります。

もちろん免疫力が強化されれば、前述の季節の変わり目に強くなると考えられるのですね。ですのでその時期が苦手なのであれば、あの明治のヨーグルトを摂取するのも一法なのですが。毎年インフルエンザで悩んでいるのであれば、LB81を摂取することを心がけてみると良いですね。
>>乳酸菌で便秘を改善する

ちなみにLB81乳酸菌には、お腹の中のバリアを強化してくれる働きもあります。目には見えないですが、腸にはバリア膜が張られているのです。LB81は、そのバリアを強くしてくれる働きもあるのですね。

このようにLB81は、お腹の中の環境を整えてくれる働きがあります。人間にとっては、とても頼もしい乳酸菌の1つと言えるでしょう。